FC2ブログ

陶酔ラヴァーズ徒然

陶酔ラヴァーズの更新履歴やら、管理人へっぽこの日記やら。

更新:DQ4「眉雪の叡智」

2020/09/22 00:43 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

更新:DQ4小説「眉雪の叡智」
どうもどうもお久しぶりです。へっぽこです。
敬老の日あわせのブライとアリーナのお話です。めっちゃ短い!最近、わたしも短い話書けるようになってきましたよ!!(そんなこと喜んでる場合か)(何年文字書いてるの)
テーマは敬老の日。それ以外何もない話です。でも、アリーナとブライならではの話にしたつもりです。久々に書いたらやっぱり楽しかったです。ブライには長生きして欲しいし、アリーナが結婚するなら結婚どころか出産から子育てまで見守って欲しい。ほんと長生きして。仙人になってもいいから。旅の後に隠居しようと思ったけど、自分と同程度の魔法使いを育てるために弟子をとったりして、サントハイム王に「生涯現役にもほどがある」つって笑って欲しい。ありがとう(何に突然礼を言い出すのか)

最近DQ4更新ばかりですが、前回言ってたようにオウガの昔のやつもアップしたいし、今頃ですが地味に風花雪月の小説も書きたい……少しでも。少しでも書き続けられたらいいなあと思いつつ日々を過ごしております。


以下近況報告

実はここ五か月ほど、毎日ちまちまと短歌を一日1~2首詠む訓練を続けておりました。といっても短歌らしい短歌ではなく、ただひたすらに文字数を合わせ、誰が読んでも意味がわかるような難しいことがない、めっちゃカジュアルなものを。必ず毎日。どんなことも三日坊主の自分が、本当に絶えず五か月続けられたんですけれど、いやーーーーびっくり!何がびっくりって、31文字の世界も、わたしはわたしでしかなかったです。
小説を書いてる時に見える長所と短所がそのまんま!そのまんまで驚くわ~~!!そんで、その長所と短所って結論から言うと全然短歌に向いてないんですよねえ~~~。驚く!全然向いてない。向いてないっていうか、あ、これ実にならない!(断言)っていうのがこんなにはっきりとわかるとは。
でも、決められた文字数で言葉を選ぶという訓練になるので続けてみようと思います。いや、下手すぎか????ってなる。ほんとびっくりする。そして、自分は自分でしかないのだな、と31文字でわからせられます。
美しい言葉を使うことも、尖った表現をすることも、ドラマティックな内容も何もなく、日々詠うことを重視してブラッシュアップすることもなく。
半年は続けたいな。新しいことをするって、自分の可能性を広げもすれば芽が出ないことを思い知ったりもするけどこれに関してはどっちにしてもやらないよりやった方がいいねえ~と思いました。

この一年半で、体重を10キロ落としました。あと3キロ落としたいんですけど。
遠い昔ダンスダンスレボリューションを狂ったようにやってた頃に履いていたジーンズが履けるようになりました。(まだ持ってたの?持ってますよ。体形維持のためにいつか役立つと思ってたので)でも腹が!腹肉がパンパン!
しかし、世の中BMIは22ぐらいが一番健康的で病気になりにくいというではないですか。いや、22程度だとわたし太くてまじ無理なんですけど……20きっても腹に浮き輪肉あるで????一体どこのだれかこの世界に「浮き輪肉」って言葉を最初に提唱したんでしょうね。素晴らしい言語センスじゃない???
それはともかく、職場が3階なので毎日階段で上り下り何周かしてますけど、筋トレのおかげで全然足に疲れ知らずでサクサク動けて快適です。筋肉はすべては救わないけど結構救う。血圧は高いのでそこは救ってもらえないんだけどもw

ドルオタとしては今日も元気です。一昨日は推し(弟グループの)とお電話会して幸せでしたし、来週末はライブ配信の(配信自体は延期になってしまったのですが)特典会でビデオ通話が待っています。こんなご時世なのでライブに行けなくてウギギギギギとなっていますが、推しとたくさん話せる機会が増えて嬉しいです。
それと、神推しのグループめ。ちゃんが来年幕張メッセ公演が決定して……このご時世どうなることやら……当日同じく幕張であんスタライブがあるのでやべえな、の気持ちしかない……でもとりあえず、あの、楽しみにはしてます……
スポンサーサイト




DQ4「ロザリーヒルでお茶を」掲載

2020/05/04 16:01 ジャンル: Category:更新履歴
TB(0) | CM(0) Edit

エアコミケになーんも間に合わなかったので、みどりの日に合わせて緑の人たちの小説を掲載しましたー!!
2009年発行ですってよ、奥様!!時が経つのは恐ろしいですね。
若干の加筆修正していますが、神殺しほどの差分はない程度です。
緊急事態宣言も延びたと聞いたので(ちゃんと確認しろ)自粛でお家時間が長くなってしまっている方に、少しでも楽しんでいただけたら嬉しく思います。

わたしですか?たまに在宅勤務はさみつつ出勤しています。休業対象になっていない(と具体的に言われた中のひとつ)なので。
でも、ちょっとはお家時間が増えたので、ようやくこのGW入ってFE風花雪月の4ルート??を終えました~~!DLCまだだけど!
ベレスで全部やっちゃったので、ベレトでやり直したいなあの気持ちです。(何回やるんだよ)
どのキャラもどの組み合わせも好きで、逆にカプ的作品書けなさそうな感じ……みんな好きだ……(倒)

近々伝説オウガの方も2010年以前ぐらいのものを掲載する予定です。
創作活動そのものは、実は地味に一次創作をやる機会があって、ここ最近ちょっとだけ動いています。ちょっとだけ。
加筆修正と、短編だけど一次創作やって、ちょいとリハビリやってる感すごいです。ずっと職場で小さめキーボード使っていたので、自宅の通常サイズキーボード使うと指が攣りそう。本当の物理的リハビリ必要だな。

それでは、また!

DQ4「神殺し」掲載

2020/03/22 02:47 ジャンル: Category:更新履歴
TB(0) | CM(0) Edit

どうも。へっぽこです。
2013年に発行したDQ4本「神殺し」ざっくりと加筆修正してアップいたしました。
神の存在を信じないマリアと、そんな彼女に対して聖職者としてどう向かい合うか苦しむクリフトの話です。
チェック甘いところも多いと思いますが、そこはまあいつも通りのクオリティということで見逃していただけますと助かります(だめだろ)
ほんと読み直すのがとんでもなくつらい稚拙な文章だったのですが、今の自分が書くと頭っから違う表現、違うストーリーになってしまうので、手を加えすぎないぐらいの加筆修正をさせていただきました。
いや、もっとページ数が必要な話だったのに短くしようとしていたせいか、本当に何もかも描写が淡白で驚きました。多分、ゲームわかってる人たちにくどく書く必要ないよね、みたいな気持ちもあったんでしょうね。戦闘シーン大好きな自分があんな淡白なデスピサロ戦書いていたのが地味にショックでした。

これはまだ7年前のものだから多少悩んだんですけれど、これからあまり新作を公開することもなさそうな気がするので(同人誌は出しても)2010年(10年前)以前のオフライン同人誌作品やゲスト原稿を加筆修正してあげていこうかな、なんて少し思っています。
懐かしい!とか、あーこれ買えなかったんだよなー、とか少しでも楽しんでもらえたら嬉しいですね。DQ4だったらピサロ×女勇者の「月が見ている」とか「爪先に触れて」とかが2007年とか2008年のはずなんだよね。
伝説オウガだったら「不自由な翼」以前かな。FF4は「国を護る者」と「リディア本」かな。でもリディア本のやつは再録にいれちゃった気がしていますしそもそも原稿データが残ってない疑惑。あれこれ掘り出しながらやっていこうと思います。


以下ネタバレ





2020年の今見ると、この最後の世界線って以前発行した「赦しの時は彼方」に繋がるような気がするなあと思えたりします。
そして、それ直前の世界線は当然そこでお終い。
たとえPS版の世界にいっても、ここのマリアは神と最終的にどんな形であっても対峙をしなければいけないんでしょうね。
心の中でも、物理でも、どんな形であれ。
それを避けることが出来ない女勇者しかもう書けないのかもしれません。
以前は脳天気なカリシュという女勇者も書いたりしましたけど、自分らしさでいえばマリアに集約されてしまいますね。
自分があの世界で「神」という言葉を使って呼ばれるマスドラを許しきれないままこの年令になってしまったから、こればかりはもう人生で譲れない部分なんだろうな。

GW夏コミのお話

2020/03/16 17:11 ジャンル: Category:日記
TB(0) | CM(0) Edit

はーい!お疲れ様ですへっぽこでーす!!元気に生きてます!(突然のテンション)
夏コミ当選しました。ありがとうございます。
がががが

欠席することにいたしました。申し訳ございません。
(今の時点でコミケ自体がどうなるかもちょっとわからない状況ではありますが)
とはいえ、折角なので、伝説オウガの薄い本一冊(「砂と海(4)」ではなく)を出そうかなって思っている次第です。
誰の話にしよう?書きたい話いっぱいあるんだけど(幸せなことだ)
何気にカノープスの「蜜事の果実」やサラディンの「賢者の日々」とか、たまに差し込む本当の意味で薄い本、結構自分で好きだったりするので……楽しく書かせていただこうと思っています。

FE風花雪月も止まっていましたけどちまちまやっとります。まだ二周目。
イエリッツァ強い。ステータスではなくてキャラクターとして強い。数多のファンの性癖えぐってくるのやめていただきたい。わたしももれなく好きですね。いや、ほんとどのキャラも好きで困るわ……といいつつ、どの人生でもフェリクスと一緒に生きていきたい。フェリクス現実にいたら絶対「はあ~!??顔がいいから許されると思ってんなよ!?(思ってない)」とか理不尽にキレそうですけど。それはともかく、どの子もかわいい。どの子も幸せに生きてほしい。そんな人生。

最近のアイドルオタク活動。コロナのせいで世の中的には自粛ムードで現場もなくなり、こりゃ原稿が捗る……と思われるでしょうが、わたしの推し達の事務所は怒涛の無料ライブ配信をグループ日替わりとかでやってくださっていて、むしろ平日時間泥棒なので本当にはよコロナ終息していただきたいです。いやほんと推しが可愛すぎて生きるのが楽しすぎる。昨年からは弟グループのパンダドラゴンちゃん(推しはメンカラ青の子です)現場メインになっていますが、相変わらずもともとの推しも神推し継続中です。

そんな近況でした。(幸せに生きています)

冬コミ 2019/12/29 西2ホール え-12a

2019/12/28 15:14 ジャンル: Category:日記
TB(0) | CM(0) Edit

わわわわわわわ当選の記事すら書かず冬コミです!!!(おいおい)
二日目日曜日西2ホール え-12a「陶酔ラヴァーズ」
新刊は「砂と海(3)」完結しませんでした!!!
次回完結した後は、またちまちまと一冊完結ものをポコポコ出すスタイルに戻します……
Blanc様からのご委託トリオピちゃんラブラブR18本「秘蜜姫」もありますので(ゲストさせていただいております)ぜひぜひ、そちらも併せてよろしくお願いいたします!!

夏コミ落選しましたー!!

2019/06/08 14:12 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

残念!!とはいえ、実は2013年の冬落ちて以来当選祭りだったので当然と言えば当然。
ので、オウガ「砂と海(3)」とDQ4のW勇者本は次回……!!!

創作活動についてちょっと考えた備忘録とお返事

2019/02/24 23:37 ジャンル: Category:日記
TB(0) | CM(0) Edit

※今日のはなんか自分への備忘録みたいなもんなので、結局何が言いたいのかとかそういうことはスルーしてくださいませ。
※追記で最近の3次元活動についてちょっと書いてます。

あっ、最初に。web拍手ありがとうございます!!!
ドラクエ4小説読んでいただけて、今でも愛していただけていると知って本当に嬉しいです。
発売日合わせの更新を今年は出来なかったのですが、やっぱり自分の中でも自分のクリフト✕マリアは最高だなーーー!!(おいおい)なんて思ってます。おめでたいやつでごめんなさい!!更新待っていただけるのは嬉しいのですが、今年の夏コミはW勇者本になりまして……せめてオンラインは次はクリフト✕女勇者書きたいです……。

--------------------
さて。
どうも、わたしです。
ちょっと自分の普段の活動とは別の所で、ちょっとあれこれシナリオ的なものを書いていまして(同人活動です)
小説ではないけれどテキスト。ストーリー。たくさんのキャラクターごとのシナリオを書いてる、みたいなやつ。
いや、シナリオにもなってない。それらの概要に少し肉がついた程度のもの。
そういう依頼などは実は地味にいくつか今までもあって、手法的なものはわからないままこなしてきたんですね。
そんで、今回はちょっとその、キャラクター的なものが2桁になっていて、かなりのボリュームがあるのでほぼ毎日毎日数千字打ち続けて2月が過ぎ去っています。
自分で作った設定とか世界観が、キャラ一人ずつの概要を書いている間に齟齬を起こしたり、もっと良い設定が思い浮かんだりとであれを書いて修正、これを書いて修正、そして世界観もう一度練り直し。そんなことばかりを繰り返していました。
久しぶりに何も書かない日がない一ヶ月。いや、まだ一ヶ月じゃなくて大体20日間かなーーー。
テキストとして打ち込んだものは6万字程度ですが、アナログでも色々書きなぐってノートを一冊消費して、そこまでやって「あー、ほんとにそうなんだなあ」と実感したこと一つ

以前にもわたしは隙間産業(語弊)といいますか、物語の隙間を埋めていくのが好きらしい、得意らしい、みたいなことが腑に落ちて(日記に書いたかはわからないんですが)それについては理解していたんですけどね。あと、書きたいものは美しい文章でもなんでもなく、ひたすらに自分の脳内にあるストーリーをアウトプットしたいだけなんだろうな、っていう話と。
そこに更に今回、どうしようもなく「その世界に生きているキャラに公平さを求める」が加わって、本当に面倒くさいやつなんだな、わたしはとしみじみ自覚しました。キャラの公平さというのは彼らが生きている世界での公平さというわけではなく「キャラクターにはすべてそのキャラクターの人生があるから、たとえ一行のセリフだけのキャラクターでも、脳内でそのキャラクターのバックボーンを必ず作り出そうとする」という、わたしの自分勝手な公平さです。
(全部が全部ではないけれど!!)
普段の小説ならば、それはそこまで重要視されるものではないし、書かれないもの。書くべきものではない、そして、考える必要も本来ないもの、で終わっていること。
それが、複数キャラのシナリオを書くということになると、わたしの中に勝手にある「公平さ」はなかなか面倒くさいことになって
「どのキャラクターのバックボーンに対しても、設定の濃度を公平にする」(多分伝わらない)
という不必要な工程が発生するのだなあということをしみじみ自覚しました。
でも、たくさんキャラクターがあれば、そんな大したバックボーンを持っていないキャラクターもいます。いるっていうか、作る。リアルを求めがちなわたしは必ずモブに毛が生えたようなキャラを主役格と同等に扱いがち。それが「人が生きている世界」にとって必要だと思っているからです。(これはあくまでもわたし個人の話であって、よくある「ストーリーの作り方」やら「キャラクターの作り方」みたいな話ではありません)
そうすると、設定して設定して設定した挙げ句に「これではちょっと濃すぎる」とか「もうちょっと薄味に」と差し引くことで、大したバックボーンを持っていないキャラ、を作ります。そういうことをやらかす。結果、そこには拾われなかった、捨てられてしまった設定というものが大量に生まれるわけです。
でも、その大量に生まれたものは「差し引かれた」キャラクターが持つバックボーンに他ならず、他のキャラのバックボーンでそれを描けるかと言うとそれはやってはいけないものなんですよね。
読んでる人には、そんなことはこれっぽっちも伝わるわけもないし、考えていた時間は取り戻すことが出来やしないのに。
本当に自分は面倒くさい。
合理化は好きですが、こればかりは合理化出来ないまま書き続けてきて、近年更に悪化してる気がします。

そんなことに悩みつつ、書いているキャラすべてが大体どのキャラのシナリオにも同じ回数で同じ濃度の活躍をさせたい、みたいな調整もしているため、更に面倒くさい。面倒くさいんですけど、どうやらそういう風にいろんなピースを埋めていく作業が本当に好きみたい!!!!!!!!!!!!!(頭抱える)



で、埋めたピースを後で自分から捨てるんだなー。
これ、ベオラケ書いてる時の作業とある意味似てますね。書いてから、ベオウルフが優しくしすぎているところを全部削ぎ落としていくような。なるほどなあーーーーいろんなことが繋がってきた。この歳でようやく。


というみなさんにとってどうでも良い話を備忘録として。
支離滅裂だし伝わらないし伝えなくてもいいような内容なんですけど、きっとこれはいつかまた読み直す。
そんな話をここまで読んでいただくださってありがとうございます~!!

以上!


では、追記でドル沼の話をちょっと。

感想ありがとうございます

2019/01/25 21:32 ジャンル: Category:日記
TB(0) | CM(0) Edit

冬コミの話も書かないうちに2019年が一ヶ月過ぎ去ろうとしております……!!!
本年もゆるりとよろしくお願いいたします。
冬コミ新刊の感想やドラクエ4小説の感想などありがとうございます!
メールアドレスいただいた分は返させていただきました。
そして、2019年になってもドラクエ4小説を読んでいただきありがとうございます。だいぶ前に終えた話なので、感想いただきまして久々に自分でも読んでみました。何これめっちゃ暗い。でも自分が書いたものは自分の性癖に忠実で、2019年に読んでも自分で勝手に楽しめました。その機会を与えていただき、ありがとうございます。

毎年いつでもやるやる詐欺なんですけど、今年は夏コミは伝説オウガとドラクエ4本を両方出す予定にしています。冬コミで何人かのお友達にはドラクエ4本やるわーー!って話していたんですけど、だからつって何を書くかはあんまり決めていない感じ。
二冊暗い本が続いたのですが(マスドラと女勇者本、ピサロナイトと男勇者本)多分やっぱり暗いW勇者本か明るいW勇者本どっちかになると思います。
あ、ピサロナイトと男勇者本、PixivのBOOTH販売しております→

色々行き届かない放置サイトではありますが、今年もレンタルサーバー更新手続きをする予定です。
お気が向いた時にでもぜひまた足をお運びくださいませ。

冬コミ原稿進行中

2018/12/16 23:01 ジャンル: Category:日記
TB(0) | CM(0) Edit

お久しぶりですへっぽこです。
現在冬コミ原稿進行中です。

「砂と海(2)」なんですが、上下巻ではなく上中下巻予定になってしまいまして……
ほぼ前回と同じく52ページの薄い本になる予定です。
薄い本っつーか、同人誌的にはそこまで薄くないけど小説ボリュームとしては薄い気がします。
もうそろそろ腹くくって毎回もっと分厚い同人誌作る気力を振り絞るべきなのか。
この砂と海、自分的には結構重要な案件が散りばめられている話なんですが、読んでくださる皆様的には「なんかだらだらしている気がしますが……」って一冊になるんじゃないかなーと今から怯えています。
そんでもって、今回ある程度もう書き終わってから決めたことなんですけど(遅い)いっぱいエピソード取りこぼしとかあるけど、ほんと、もうこの先は書きたいことだけ書こうよ!!!っていう。
いや、今までも書きたいとこしか書いてないんだけど、反面、少しでもゲームの内容に沿っていろんな要素を「ああ、あったあった」と思ってもらえるように盛り込みたい!!みたいな欲があって。それよくない。(欲と書けてるわけではない)それをやると書きたいことがどんどんブレたり薄まったり、ただただ広げて収拾つかなくなる。よくないね。

一応エンディングに向かって走っているものの、全部をノベライズにしたいわけではなく、でも点ばかりぽつぽつ置いていくだけではなく、線をひいて繋げるための話も書きたいんですよね。
というのが、今回の砂と海なので、もう少々お付き合いいただけると嬉しいなって思います。
まだ入稿すらしてない原稿の話をして何になるんだ???という気もしましたが、いつも入稿後雑アピールしか出来ないので、ちょっと一段落している今の時点でしておきました!

あと、オンラインのソニアがここ何年も止まってるのですが、ここまで止まっておいて続きを以前と同じテンションでかける気がしないので、もういっそのことランスロットとくっつく(の??????)とこでもドカッと書いてしまってもいいのでは??みたいな気になってます。
年をとると身辺整理しなきゃなーみたいな気になるようですが、まあそこまではまだまだなんですけど、やっぱり書き終えていない物語達のことは気になりますよね。ピサロナイトとマリアの話とか、クロシルとか。本当にベオラケも書きたい。

2019年後半から2020年、多分仕事が楽になると思うので、そうしたらもうちょっとどうにかしたいなー。
鬼の笑い声が聞こえてきますが。
では、入稿後また。

冬コミ当選しました

2018/11/02 20:37 ジャンル: Category:日記
TB(0) | CM(0) Edit

おいおい放置しすぎだろ、夏コミ2の記事どうしたんだい、とか、web拍手その他からコメントありがとうございます!返信できていませんがすべて読ませていただいております!!とかいろいろあるのですが冬コミ当選しました。
日曜日 東地区 "ウ" ブロック 11a 陶酔ラヴァーズ

もちろん「砂と海(2)」と夏コミに出させていただいた本もお持ちします。
詳細はまた後で!