陶酔ラヴァーズ徒然

陶酔ラヴァーズの更新履歴やら、管理人へっぽこの日記やら。

オウガ原稿やってますパート2

2015/10/04 22:10 ジャンル: Category:日記
TB(0) | CM(0) Edit

ブーメランテリオス!!!へっぽこ@みなちゅーです。
ブーメランシリーズの中ではテリオスがなんとなく響きが好きです(リングにかけろ)
今でも「高嶺竜児」って素晴らしい主役名だよなーと思う。かっこええ。
「剣崎順」も素晴らしい。順サマー!\8(^o^)8/←剣崎ガールズ

さて、前回に引き続き、11月1日のオウガバトルサーガオンリーイベ『Limitation Frame OVER』合わせの新刊原稿やってますヤーフー!
参加サークルさんは委託サークルさん入れて20サークル超え。いやー、嬉しいですね。
タクティクスオウガ20周年記念。そして伝説オウガ22周年ですよ。ほんともう何度もいうけどわたし、ファミコン通信で最初に伝説オウガが「オウガバトル(仮)」って紹介されたあの日が、わたしの運命の日で……(遠い目)

で、この前から、折角のオウガオンリーだからイエー!!って調子のって、新刊4冊(一冊がめちゃくちゃ薄い)って言ってましたが、今更「あ、タクティクスオウガ20周年……??」ってなってて(遅)
タクティクスオウガ本も作るしかないのか!!??と今日血迷ったけど、冷静に考えたら伝説オウガスペースだから大丈夫、大丈夫なのよ、へっぽこ、落ち着いて、あなたまだ4冊目の原稿とりかかっていないじゃない!!って心の中で誰かがちゃんと諭してくれました。いい人だ、心の中のその人。

ひとまず3冊めも目途がついたので、4冊目の原稿入る前にもう一度一冊目の原稿に目を通したら、いやー、やっぱりA5サイズたった21ページの小説でも推敲は必要だなあと唸る……本当にこれ4冊、あ、いや、なんでもない。やります。
書いても書いても書きたいことが増えていって、本当にオウガワールド大好き……一生に一度くらいは男オピとラウニィーの話も書きたいナー。あと、くっそベタで今までやったことないんだけど、女オピの記憶喪失話とか。(厨二に戻るには遠すぎますよ!!)
タクティクス後の話も書きたいけど、もうそれは来世に期待するしかない……!!
カノオピも書き出したら思ったより楽しくて仕方なくて、ああー、もうーーー!
カノープスの羽の小翼羽部分の動きを見て「ぐうかわ!」とか言い出すキチ○イフェチすぎる話はさすがに止めましたけど、いつか。いつか翼の付け根が大好きでそこばっかり女オピが舐めまわすようなそういう、あれ?やっぱりキチ○イフェチ話かこれ。
そういうのじゃなくても、清楚系可愛い女オピとカノープスとかもいつの日か書いてみたいです……(つまり今回は清楚系ではなく比較的アレな)俺は騎士にはなれないけど、みたいなことを言うような。あれ?おかしいな。今脳内でカリ城のクラリスとルパンが出てきたぞ。そういうイメージじゃないのに。

オウガの話は置いといて。いやー、今テラフォが公式にわたしが同人殺し食らってて瀕死なんですけど
_:(´ཀ`」 ∠):_ …
きっとオウガオンリーの原稿終わって、オンリー前に一本ぐらいゲスト原稿類を脱稿して、ジョセフ捏造本の原稿にとりかかる頃には少し、少しわたしの心も落ち着くことでしょう。
小アドの続きも書きたいのにオフライン詰め過ぎか。

それから刀剣乱舞。書きたくてまとめてた陸奥話があるけど、年内にかけるんだろうか。
ドラクエも、オンラインのオウガも、聖戦も。生きてる間に出力しなければ。

以下、追記でweb拍手のお返事です。
メールフォームでいただいたものは、メール返信させていただきました。いつもありがとうございます。
web拍手返信

>長崎さん
ああああああああああああもうアシュラ!!!!!!
今これ書いてる間にアシュラとのご結婚報告ありがとうございます!!!wwwww
あれでもっとバリバリ肉体派の兵種だと更に嬉しかったけれど、もうわたし文句言いません。わたしもアシュラに嫁ぎます。おめでとう長崎さん!!!おめでとうわたし!!!(←まだです)
わたしも早くアシュラに嫁いで、二人で温泉入りたいです!!!!!!!!!!(床に向かってダァン!ダァン!と足を踏み鳴らす)

>小田原さん
あーー、なんていいますかねーーー。
わたし所詮カップリング脳なので結婚は良いし、子世代がいることによってわたしの婿候補の人数が増えるので!!(それだけかよ)子世代要素はまあいいか……とも思ったんですけど、とにかくなんというか、最後までマイユニの能なし具合が……
もっと、彼女があの境遇で生きてきたがゆえにみんなを導けるような、その部分が精神論に偏らないで、実力で示されるような(それこそ血統のおかげ、とかの先天性のものでもいいんですけども!!)エピソードを入れていただきたかった。
いつでも精神論振りかざして向かっていくわたしカッケーみたいなシナリオには若干苛立ちましたね……。
なので、途中からやり直してアシュラと結婚して幸せな家庭を築きます(そういう話じゃない)
暗夜もやりたいのですが、彼らの生き方に賛同出来るのか、共に戦う気持ちになれるのかちょっと自信ないです。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL